実らせよう!あなたの努力 2009年・資格試験日程表

実らせようあなたの努力!スペイン語資格試験日程表 
DELE

次回の試験日:5月20日(金)

日本で受検の場合は5月21日(土)。
翌日または翌週に口頭試験が行われることがあります。

申し込み期間は2016年2月15日(月)~4月13日(水)

通常、年2回5月と11月に試験があります。

それぞれのレベルの目安として、ヨーロッパでは語学のレベルは何語を問わず※6段階設定(A1入門, A2初級, B1中級, B2中上級, C1上級, C2最上級)されています。
A1を受験する場合、1段階目(入門)をクリアーした人が対象:基本的な日常表現を理解し、使うことができる。
A2を受検する場合、2段階目(初級)をクリアーした人が対象:自分の身の回りのことでよく使う言い回しや表現を理解し、使うことができる。
B1を受験する場合、3段階目(中級)をクリアーした人が対象:日常生活における様々な状況において適切なやりとができる。
B2を受験する場合、4段階目(中上級)を修了した人が対象:複雑な文章を理解し、日常の通常会話において問題なくコミュニケーションができる。
C1を受検する場合、5段階目(上級)を修了した人が対象:複雑で長い様座なテーマの文章を理解し、流暢かつ自然で、適切な対応できる
C2を受験する場合、6段階目(最上級)を修了した人が対象:読み聞いた全ての内容を理解し、より流暢かつ自然で、明確で適切な対応ができる。

DELE申し込み・試験構成等、詳しくはDELE情報=のページで



MADRID商工会議所主催のいろいろな試験とコース
商業スペイン語検定
こちらもレベルは3段階にわかれています。 BASICO(B2レベル) ・ SUPERIOR(C1レベル)・ DIPLOMA(C2レベル)
スペリオールを受験される方のスペイン語のレベルはDELEC1レベル。もちろん経済関係の知識が必要。
難関DIPLOMA、スペイン語のレベルもさることながら、経済の知識が専門家並みに必要。

このほかツーリスト検定と医療検定BASICO 級、SUPERIOR級もあります。
試験日や対策コースについては、商工会議所に問い合わせてみましょう。

おなじみスペイン語検定
年に2回、春と秋に試験があります。


201年春季試験日
申込期間:4月1日から5月30日まで
1次試験:6月19日(日)
2次試験:7月24日(日)
※6~4級は1次試験のみです。


2016年秋季試験日
申込期間:8月1日から9月30日まで
1次試験:10月30日(日)
2次試験:12月4日(日)
※6~4級は1次試験のみです。

レベルは1級から6級まで
6級:直説法現在形の動詞の活用で、短い文の読み書きができるレベル。(アクセントの位置や音節分けの問題もでることがあります)
5級:直説法の動詞の活用とその用法を理解し、簡単な文の読み書きができるレベル。(関係詞の問題もでます。ヒアリングの問題もあります。)
4級:直説法・接続法・命令法を一通り学習し、簡単な日常会話ができるレベル。(ヒアリングの問題もあります。)
3級:スペイン語検定3級は英検の準1級に値すると言われているくらい、ここからかなり難しくなります。3級を合格した人は、次は通訳案内士試験を目指しましょう!
2級:一般通訳・翻訳(通訳・翻訳と言ってもいろんなタイプがあります)ができるレベル。
1級:上級通訳・翻訳(会議通訳や法廷通訳、文学作品の翻訳等)ができるレベル。


検定料
6級:3000円
5級:4000円
4級:4000円
3級:7000円
2級:9000円
1級:11000円

試験会場などの詳しい情報はスペイン協会のHPで
またスペインでもスペイン語検定が実施されます。詳しくはOCS新聞で


通訳案内士試験(通訳ガイド試験)
2006年から通訳案内業法が一部改正されたことに伴い、「通訳案内業試験」は、「通訳案内士試験」に名称が変更、そして試験問題は易しくなり、試験免除の対象も拡大されました。マニアックな質問はもう出ません!難関だった資格試験ですが、今が挑戦時!昔受けてみたけど、駄目だった人も再チャレンジしてみてください!また2013年から通訳案内士試験の方法が変わりました。詳しくは通訳案内試験ガイドラインをご覧ください。


2015年度試験日程
第1次試験: 8月30日(日) → 合格発表11月月中旬
第2次試験:12月13日(日) → 合格発表2014年2月中旬

試験の構成と時間
第1次試験
午前の部→外国語の試験
午後の部→日本地理・日本歴史・一般常識
第2次試験
スペイン語での面接

2015年度の試験申し込み方法

[電子申請]
こちらからどうぞ

[郵便で請求する場合]
なんだかややこしいので、こちらをどうぞ!

日本での試験会場は札幌、仙台、東京、名古屋、京都、広島、福岡、那覇
通訳ガイド試験に関する詳しい情報は国際観光振興機構のHPで!過去問とその解答例も載っています!
検定料は11700円です!


資格は取得していて損をすることはありません。 スペイン語を学習し始めたなら、 できるものからどんどんチャレンジしていくのも良いのでは?
Created by Lazul
Copyright MOTOKO - All rights reserved - 許可なく転載を禁じます。