スペイン語圏文化イベント



最新イベント情報!(スペイン版)

スペインと言えば、闘牛とフラメンコ。そればかりではないですが、闘牛もフラメンコもスペインの文化の一部です。
闘牛のシーズンはスペイン3大祭りの1つ、バレンシアの火祭りとともに始まります。
そしてバレンシアの火祭りの次はセビリアの春祭り。
この時期、セビリアのマエストランサ闘牛場には有名な闘牛士が出揃います。
そして続いてマドリッドのサン・イシドロのお祭りと続くのですが・・・これはまた次回


スペインでは今日、4月8日、から3大祭りの1つセビリアの春祭りがスタートです!
行ったみたいと思うのですが、カセタを持っている友達がいないと、なかなか楽しめないんですよね、と思うのは私だけでしょうか。
それでもセビリアの春祭りは一見の価値ありでお薦めですが、4月のセビリアが好きな訳にはもう1つあります。
この時期街中がオレンジの花の香りで一杯で街を歩いているだけで、とってもいい気分になれるのです。
4月のセビリア旅行はお薦めです!



最新イベント情報!(日本版)

“我が心のブエノスアイレス” アリエル・アッセルボーンコンサート
歌とギターによるコンサートです。

プログラムは、昨年惜しまれて亡くなったアルゼンチンのギター界の重鎮カチョ・ティラオによる男と女の舞踊のリズムのミロンガや、
アストル・ピアソラの代表作「アディオス・ノニーノ」のギター編曲、「澄み切った空」でもよく知られるキケ・シネシの「セラス・ベルダ?」など
ブエノスアイレスを映し出すギターの音色が見所です。

また、ギターと歌ではアルゼンチンの南部パタゴニア地方の民謡のほかに、アリエルの新作の大地への祈り歌「パドレ・バーロ」「11月の月」など美しい歌を披露する予定。
フォルクローレをルーツにした様々なギターと歌から、アルゼンチンの風景を感じて下さい!
アリエルの繊細なギターと歌の世界をお楽しみに。

◎4月19日(土)17:30~ 名古屋・広小路ヤマハホール:チケットは前売3,000円(当日3,500円)、ヤマハプレイガイド052-201-5251・オフィス・カルデール042-488-2687またはcardenal@y6.dion.ne.jpまで。
◎4月26日(土)19:30~ 東京・ルーテル市ヶ谷センターチケット:前売3,500円(当日4,000円)、オフィス・カルデール042-488-2687またはcardenal@y6.dion.ne.jpまで。



最新イベント情報!(日本・スペイン版)

4月23日は本の日

カタルーニャではサンジョルディの日。大切な人に本と薔薇を贈る日です。

そしてアルカラでは、セルバンテスの命日であるこの日、スペイン版ノーベル文学賞、セルバンテス賞の授与式がアルカラ大学のパラニンフォ講堂で行われる日です。

そして本の日の恒例イベントは、「ドンキホーテ」のリレー朗読会です。

スペインではもちろん、日本でも関連イベントが開催されます!

詳しくはこちらをどうぞ

4月23日までにMOTOKO.ESのHPでも何か関連イベントを企画したいですね!

Created by Lazul
Copyright MOTOKO - All rights reserved - 許可なく転載を禁じます。